"vol.02(取材制作こぼれ話)"のアーカイブ

草春窯。

| コメント(2)
20100510_sousyun.jpg会津本郷は、陶器と磁器の両方がつくられている全国でも珍しい土地。
よく目にするのは陶器のほうですが、三番山下さんでみつけた磁器がうつくしく、気になっていたところ、陶芸人さんに「草春窯さんがいいよ」と教えていただいたので、本郷まで行ってみることにしました。

工房は路地裏にひっそりとあり、ともすると見逃してしまいそう。
草むらに並べられた美しい白磁器が目印です。
あらためて眺めてみると、つるんとシンプルで、ストイックながらも優しさがあって、グッときます。
制作されている田崎宏さんの個展にぜひ行ってみたい!そう思いました。


森姫農園。

| コメント(0)

20100509_morihime.jpg

GWに会津に帰ることが決まったと『こととい』の福島由子さんに連絡したら、ありがたいことにランチのお誘い。レストランが喜多方市熊倉地区にあると聞いて、頭にひらめくものが。  創刊号が出たばかりなのに気の早い話ですが、福島さんに同行してもらって、さっそく次号の取材スタートです。

 

伺ったのは、森姫農園さん。熊倉地区の高台にあります.

農園のあずまやから見る眺望が絶景で、それを楽しみに出かけたのですが、この日はあいにくの雨。ショップの中で、オーナーの千世繭子さんと福島さんと一緒にティータイムを楽しみました。

写真は、初めて会ったとは思えないくらい、意気投合した二人。千世さんの作品、『やまからのてがみ』を挟んで談笑中です。

20100509_yamakaranotegami.jpg森姫農園さんについては、またあらためてご紹介します!



blog新着記事

草春窯。
20100510_sousyun.jpg
会津本郷は、陶器と磁器の両方がつくられている全国でも珍しい土地。よく目にするのは陶器のほうですが、三番山下さんでみつけた磁器がうつくしく、気になっていたところ、陶芸人さんに「草春窯さんがいいよ」と教え…
森姫農園。
20100509_yamakaranotegami.jpg
GWに会津に帰ることが決まったと『こととい』の福島由子さんに連絡したら、ありがたいことにランチのお誘い。レストランが喜多方市熊倉地区にあると聞いて、頭にひらめくものが。  創刊号…