"vol.00(『oraho』のこと)"のアーカイブ

『oraho』物産展。

| コメント(0)
20100325_DM.jpg先日もお知らせしましたが、4月22日から26日にかけて、東京・小石川のギャラリーで創刊イベントを行うことになりました。題して、『oraho』物産展!

当日は、『oraho』創刊号のお披露目はもちろん、取材の様子もご報告したいと考えています。また、編集室が選んだ、とっておきの会津の逸品を来場のお客様にご紹介するとともに、一部商品の販売も行う予定です。

この物産展、『oraho』らしさを出したいものにしたいと考えています。
だから、デパートの催事としての物産展とは異なったものになるはず。
orahoらしさ、それはすなわち、会津の本当にいいものだけ、本物だけを伝え、作り手と使い手を結びつけることにあると思います。
真面目にものづくりをされている人たち、そしてその心意気を、本物志向の人たちに届けたい。より広くその取り組みを知ってもらい、応援し買い支えてくれる人を増やしたい。そんな気持ちで物産展を行おうと思っています。

出展者は、まだ内緒です。
私の惚れ込んだ取材先の方々のほか、幼い頃から愛してやまない会津の品々を紹介できるように現在交渉を進めているところです。

会津には、本当にすばらしいものがいっぱいあります。
それを一人でも多くの人にお知らせできるよう、冊子もイベントもがんばりたいと思います!!
詳しいことは、決まり次第、ちょっとずつブログにUPしてまいりますので、どうぞよろしく!

(画像は、イベント用DMです。デザインしてくれたのは、もちろんorahoのアートディレクター、山影麻奈さん。)


そもそもの始まり。

| コメント(7)
ある日、ふと気づきました。
会津で暮らした年月と、東京で暮らしてきた年月が、ちょうど半分くらいずつになっていることにです。
そして、思いました。
私って、どこの人間なんだろう?って。

以前、帰省した折、祖母から
「おめは東京の人さなっちまったんだものな」
と言われたことがありました。
たしかに、会津を離れてずいぶん経つし、生まれも育ちも東京の人と結婚したけれど、果たして、私は東京の人間なんだろうか?

そう考えたとき、違うなと思いました。考えれば考えるほど、ハッキリ違う。
うまく説明できないけれど、私の中に流れるものがあって、それは会津のものなのです。
どんなに東京で過ごす時間が長くなろうとも、私はやっぱり、会津っぽなんだと思います。

高校生の頃は、都会への憧れもあって、会津は田舎で嫌だなぁと思っていました。
上京したばかりの頃も、地方出身というのがどこか恥ずかしかった。
でも、それが、年々変わっていって、帰省するたびに、私の目には会津が魅力的に映るようになってきました。そして、そこで生まれ育ったということを誇りに感じるようにもなりました。
郷愁の念からきているってこともあると思います。
でも、それだけじゃなく、今まで見えなかったものが目に見えてきたのです。
暮らしていたときには当たり前すぎて気づかなかった普段の生活のなかにある会津の魅力に。

昨年、息子を出産してからは、ますます会津のことを知りたいと思うようになりました。
私の子供にも故郷をもたせてあげたい。そして、そのよさをちゃんと伝えてあげたい。
私の目に映っていない魅力がまだまだあるはず。
歴史や文化はもちろんのこと、土地で暮らしている人のこと、隠れたいいもの。
もう一度、私自身が会津のことをちゃんとみつめてみよう。そして、それを整理しよう。

そんなことを家で話していたら、夫が言いました。
「あなたが感じる会津のよさを発信してみたら?」
その言葉に背中を押されるように、『oraho』は動き出しました。

私は地元のことを隅々まで知っているガイドとして案内することはできません。
でも、離れて暮らしているからこそわかる会津のよさなら、うまく紹介できるような
気がしています。

一緒に会津を再発見してみませんか?


ロゴと名刺。

| コメント(0)
20100220_namecard2.JPG

つい先日、ロゴと名刺が上がってきました。

それまでは、頭の中では雑誌のイメージが固まっているものの、うまくアウトプットして創刊にこぎつけることができるのか、自分でも半信半疑の状態。雑誌を立ち上げるなんて妄想にしか思えなくなったりしていたのですが...
ロゴが決まると、実感がすごく湧くものなのですねー。
oraho名義の名刺を見ているうちに、なんだかうまくやれそうな気分になっちゃいました。

私をその気にさせてくれたロゴ&名刺をデザインしてくれたのは、num.の山影麻奈さん。orahoの強力サポーターのひとりです。
今、書店で快進撃を続けてる京極夏彦氏の最新刊、『数えずの井戸』の装丁をされたのも、実は山影さんなんですよ。
彼女の作品は、すっきりとしていて、どれも品があって素敵。
orahoの誌面も担当してもらうことになっているので、乞うご期待です!

追記:
そうそう。orahoのtwitterロゴも作ってもらっちゃいました。
こちらも要チェック&Follow us


blog新着記事

『oraho』物産展。
20100325_DM.jpg
先日もお知らせしましたが、4月22日から26日にかけて、東京・小石川のギャラリーで創刊イベントを行うことになりました。題して、『oraho』物産展!当日は、『oraho』創刊号のお披露目はもちろん、取…
そもそもの始まり。
ある日、ふと気づきました。会津で暮らした年月と、東京で暮らしてきた年月が、ちょうど半分くらいずつになっていることにです。そして、思いました。私って、どこの人間なんだろう?って。以前、帰省した折、祖母か…
ロゴと名刺。
20100220_namecard2.JPG
つい先日、ロゴと名刺が上がってきました。それまでは、頭の中では雑誌のイメージが固まっているものの、うまくアウトプットして創刊にこぎつけることができるのか、自分でも半信半疑の状態。雑誌を立ち上げるなんて…