"漆の芸術祭"のアーカイブ

続・つきとおひさま。

| コメント(0)

R0011754.JPGシルバーウィーク中の週末、改装中の「食堂 つきとおひさま」にお邪魔しました。

ここは、喜多方市寺町。町の目抜き通りから、ちょっと入ったところにあります。
かつて、この界隈では有名なおいしいお豆腐屋さんだったという町家。
歴史を感じさせますね。
(あ、そうそう。この春までは、五右衛門風呂も残っていたんですって。)

中は広々と気持ちのいい空間。
新規オープンのお店とは思えない、前から知っているかのような居心地の良さ。
本を読みながら、長居したくなりそう。

R0011769.JPG
五十嵐さんご夫妻は「改装はまだまだこれから」と謙遜するけれど、
今の時点で、もう十分素敵です。

10月1日から始まる、会津・漆の芸術祭の展示会場となるこの「食堂 つきとおひさま」では、会期中、期日限定でシェフ・加奈子さんのおいしいごはんがいただけます。(要予約)
また、会期中ずっと、こととい・福島さんのお菓子も味わえるそうですよ。

正式なオープンは来春とのこと。待ち遠しい。
乞う御期待です!!



はとちゃんお手伝い会 in 会津。

| コメント(4)
koboshi1.JPG
8月28日(土)、29日(日)の2日間、会津若松市大町の紀州屋1934で、「うるしのこぼしさん、ぬりぬりお手伝い会」がありました。
秋に開催予定の漆の芸術祭に出品する作家、はとさんの作品制作お手伝い会です。

koboshi2.JPGkoboshi4.JPG朝から女子たちが集まり、こぼしさんに漆をぬりぬり。みんな真剣です。
(上の写真、黄色いエプロン姿の方が、はとちゃん。協力者のみなさんに丁寧に説明しています。)

起き上がり小法師といえば、赤べこに並ぶ会津のシンボル。
馴染みは深いけど、自分で作ったことがある人って、会津でも少ないかもしれません。
しかも、作った作品が漆の芸術祭に並んじゃうというんですから、またとない機会!

koboshi3.JPG手前のこぼしちゃん、はとちゃん作。
メゾン・ド・コボシとこぼし荘も彼女が作ったものです。ここに小法師さんたちが並びます。

このお手伝い会、今週末3日(金)、4日(土)は東京で開催されます。
お近くの方、お時間ある方、ぜひ小石川・橙灯にいらっしゃってくださいね。




blog新着記事

続・つきとおひさま。
R0011769.JPG
シルバーウィーク中の週末、改装中の「食堂 つきとおひさま」にお邪魔しました。ここは、喜多方市寺町。町の目抜き通りから、ちょっと入ったところにあります。かつて、この界隈では有名なおいしいお豆腐屋さんだっ…
はとちゃんお手伝い会 in 会津。
koboshi4.JPG
8月28日(土)、29日(日)の2日間、会津若松市大町の紀州屋1934で、「うるしのこぼしさん、ぬりぬりお手伝い会」がありました。秋に開催予定の漆の芸術祭に出品する作家、はとさんの作品制作お手伝い会…