"会津美里町"のアーカイブ

三人の和。

| コメント(2)

IMG_8550.JPG
また今日も?と思われちゃうんでしょうが、告知です!
なんてったって、文化の秋ですから。

本郷で磁器づくりをされている草春窯の田崎宏さんの展覧会のご案内。
備前と秩父のお二人の作家さんとともに『三人の和』と題した展示をされるそうです。
会期は11月4日(木)~9日(火)。場所は神楽坂のgallery坂

田崎さんの透明感のある作品をぜひご覧になってみてください!!


陶房 彩里 × oraho by yamma sangyo。

| コメント(0)

irori_oraho&yamma2.jpg

10月30日、31日開催の会津ブランドものづくりフェアに参加しました。

本郷焼の12ある窯元さんのうち1組とコラボし、ディスプレイをするという企画。
ここに、oraho by yamma sangyoとして参戦しました!
ランチョンマットとコースターは、すべて会津木綿でつくった新作です!!
(※写真は、最終打ち合わせ時のものです。)




<タイトル>
うるはしき會津を色へて

<コンセプト>
まるで湧きいづる泉のようなターコイズの器から連想したのは、会津の美しい川と湖沼。そして、それを取りまく豊かな自然。この自然風景を本郷焼と会津木綿でなぞらえ、彩ってみようと考えました。雪解けして一斉に芽吹く萌黄色の草木たち。桜、石楠花、あやめ、立葵、りんどうといった季節の花々や秋の紅葉。古い町並みに残る瓦屋根や漆喰の白壁。円盤上にあるのは、うるわしき会津そのもの。その魅力を再発見してください。



続・密談。

| コメント(0)
irori.JPG
10月14日の記事の種明かしです。
yammaさんが密談していた相手は、本郷焼の窯元のひとつ、陶房彩里さんのご主人でした。

実は、10月30日(土)、31日(日)に開催される「会津ブランドものづくりフェア2010」の本郷焼ブースにorahoが参加します!!

本郷には12の窯元があるのですが、それぞれの窯元さんと、手仕事や工芸につながりのある若手たちが組んで、新しい本郷焼のカタチを提案するという企画があり、その出展にお声掛けいただいたのです。

今回のお話をいただいたとき、すぐに頭に浮かんだのがyammaさんのこと。
器の目利きでもある彼女と会津木綿で何かできないか?と思い、すぐに連絡を取ってお願いしたわけです。
超がつくほど多忙にもかかわらず、快諾してくれたyammaさんと窯元訪問したときの様子が上の写真。時間がないので、挨拶もそこそこに打ち合わせです。

そんなわけで、陶房彩里さんとoraho by yamma sangyoでチームを組むことになりました。
さてさて、どんな展示となりますやら。

どうぞお楽しみに!!!


草春窯。

| コメント(2)
20100510_sousyun.jpg会津本郷は、陶器と磁器の両方がつくられている全国でも珍しい土地。
よく目にするのは陶器のほうですが、三番山下さんでみつけた磁器がうつくしく、気になっていたところ、陶芸人さんに「草春窯さんがいいよ」と教えていただいたので、本郷まで行ってみることにしました。

工房は路地裏にひっそりとあり、ともすると見逃してしまいそう。
草むらに並べられた美しい白磁器が目印です。
あらためて眺めてみると、つるんとシンプルで、ストイックながらも優しさがあって、グッときます。
制作されている田崎宏さんの個展にぜひ行ってみたい!そう思いました。


樹ノ音工房。

| コメント(0)
20100420_kinooto.JPG本日到着した荷物の中からのご紹介です。

写真は、旧会津本郷町に窯を構える樹ノ音工房さんの器。
ころん、としたフォルムのポットと、白でありながら淡いグレイにも見えるカップ。どちらも雰囲気がありますよね。

数年前から、わが家でも使わせていただいているのですが、樹ノ音工房さんの器はシーンを選ばずに使えるので、とっても重宝しています。シンプルで、あたたかみがあって、甘すぎないデザイン。とってもオススメです。

今回のイベントは雑貨とお菓子をメインにして、器は扱わないつもりだったのですが、ある日突然、啓示のように「やっぱりどーしても樹ノ音工房さんの器が必要!」という考えが頭に浮かんできて、急遽、出展をお願いしました。

創刊号にも少し書いたのですが、『oraho』では、昔からの会津のいいものに加えて、今これからの会津のいいものを届けたいという想いがあるんです。それには、樹ノ音工房さんは絶対に欠かせない存在!
会津在住の方はそのよさを十分ご存知のことと思いますが、ぜひ、東京近郊の方にも知っていただきたいと思い、展示販売することとなりました。

写真の商品のほか、人気の白しのぎとあめ釉の商品もご用意しています。
数に限りがありますので、樹ノ音工房さんのファンの方はお早めにご来場ください。
お待ちしています。


blog新着記事

三人の和。
IMG_8550.JPG
また今日も?と思われちゃうんでしょうが、告知です!なんてったって、文化の秋ですから。本郷で磁器づくりをされている草春窯の田崎宏さんの展覧会のご案内。備前と秩父のお二人の作家さんとともに『三人の和』と題…
陶房 彩里 × oraho by yamma sangyo。
irori_oraho&yamma2.jpg
10月30日、31日開催の会津ブランドものづくりフェアに参加しました。本郷焼の12ある窯元さんのうち1組とコラボし、ディスプレイをするという企画。ここに、oraho by yamma sangyoと…
続・密談。
irori.JPG
10月14日の記事の種明かしです。yammaさんが密談していた相手は、本郷焼の窯元のひとつ、陶房彩里さんのご主人でした。実は、10月30日(土)、31日(日)に開催される「会津ブランドものづくりフェ…
草春窯。
20100510_sousyun.jpg
会津本郷は、陶器と磁器の両方がつくられている全国でも珍しい土地。よく目にするのは陶器のほうですが、三番山下さんでみつけた磁器がうつくしく、気になっていたところ、陶芸人さんに「草春窯さんがいいよ」と教え…
樹ノ音工房。
20100420_kinooto.JPG
本日到着した荷物の中からのご紹介です。写真は、旧会津本郷町に窯を構える樹ノ音工房さんの器。ころん、としたフォルムのポットと、白でありながら淡いグレイにも見えるカップ。どちらも雰囲気がありますよね。数年…