今こそ東北の旅へ。

| コメント(1)

tsutaya-oraho1.jpg代官山T-SITE蔦屋書店で、「今こそ東北の旅へ」と題した東北フェアが開催中。
orahoも参加しています。
tsutaya-oraho2.jpg

『せんだいノート』のすぐぞばに並んでおりますよ。うふふ。

私はまだフェアに行けてないので、写真は蔦屋書店の担当さんが送ってくださいました。
開催中にのぞきに行かねば。

みなさんも、ぜひ~



小正月も過ぎて。

| コメント(8)

年末だなー、お正月だなーと思っているうちに、松の内も小正月も明けてしまいました。
いつも以上にスロウペースなorahoですが、本年もどうぞよろしくお願いします。

さてさて。東京近郊の方に耳より情報です。
なんとJR東京駅にて会津初市が開催中だそう。
新年には欠かせない縁起物、起き上がり小法師もありますよ~
今度の週末、22日までですのでお見逃しなく。

tsujikeiko12012map.jpegそして、今日19日からは、Book! Book! AIZUのメインビジュアルを担当してくださった辻恵子さんの個展が始まります。場所は、根津のギャラリーやぶさいそうすけです。
辻さん30回目の個展となる展示は30日まで。(出品数も30作品!)

ほかにも、yamma受注会@日本橋三越!や、須賀川出身の須藤拓也さんの個展など、これから目白押し。近々またお知らせいたします~



input & output.

| コメント(0)

告知以外の記事を書くのは一カ月ぶりくらいかもしれません。
いやはや、ご無沙汰しております。

この間、何をしていたかというと...エネルギーチャージしてました。

といっても、特筆すべきことはなく、普段どおりの暮らしをしてただけなんですけども、
この普段どおりというのがすごく重要でした。
たぶん、今年はみなさん似たような感じじゃないでしょうか。
普段どおり、すごく難しかったですよね。

それと、出力と入力のバランスって、大事だなーとしみじみ感じる今日この頃です。

今年は特に前半走りまくってしまったので、10月くらいに息切れしてました。
○○を終えたら休もう、××を終えたら一休みしよう、などと夏くらいから言い続けて、そのまま休めずに秋に入ってしまって、outputしすぎてinputが追いつかず、空っぽになっちゃったんですね。

10・11月とoraho業務は極力減らして、ようやく出力可能な状態になってきました。
(関係者のみなさん、ここしばらくメール連絡等遅くてスミマセンでした!)
無理せず、少しずつ、気長にやっていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

次は、一カ月あけないで記事を書くぞー。おー!



yamma 2012ss。

| コメント(2)
yamma.jpg会津木綿を素材に洋服をデザインしてくれているyammaさんの受注会が開催中。
真冬に気の早い話ですが、来年の春夏物です。

会津木綿をつかったものとしては、キュロット(写真)、ワンピース、スカートがあります。
麻素材のTシャツもありますよ。
どれもかわいくて、迷う~

私の場合、yammaさんのおかげですっかり普段着が会津木綿化してきました。
orahoの制服みたいな感じです。

受注会は明日14日(水)まで。
買い忘れないように私は今朝、注文しました!
これを逃すと当分買えないので、急いでくださいねー。


五十嵐元次展@黄色い鳥器店。

| コメント(0)
12月9日(金)から、東京・国立の黄色い鳥器店で、会津在住の陶芸家・五十嵐元次さんの個展が始まります。
五十嵐さんはうつくしい白磁をつくられている方。お目にかかるのが楽しみです。

会期中10日(土)には、「会津のおいしいもの売店」もオープンするそうですよ!
できたてほやほや、目黒麹店の玄米麹味噌も並びます。
赤べこや新年を迎えるのに欠かせない起き上がり小法師のほか、orahoの販売もありますので、いらしてくださいねー。


DADA X'mas。

| コメント(0)

昨日12月6日(火)から、東京・代々木のDADACAFEでX'masチャリティーイベントが始まりました。
楽しい東北企画がいくつも予定されているようです。

ここにorahoも出品しています。

28日(水)までと開催期間が長いので、ぜひ遊びに行ってみてくださいねー。
dada.jpg



手から手へ。

| コメント(0)

a0149272_0105312.jpg

表参道のかぐれで、omotoご夫妻の展示「働きものの布と鉄 手から手へ」が始まっています。

智子さんがつくる藍染の鍋つかみなどの台所回りのものや、康人さんの包丁に加えて、西山昭一さんの竹籠や遠藤芳子さんの杉桶、野らぼう・小川慶子さんのお菓子もあるそうです!

会期は今度の日曜日、12月4日まで。
週末はomotoご夫妻も在廊されるようですよ。
ぜひ、表参道へ。

「手から手へ」

いつもそばにある

ときどきわすれるけど
いつもそばに いる

手わたし したい、
あなたへ......





無精者。

| コメント(0)

久しぶりにちゃんと自分のホームページを見てみたら、いくつもブログにコメントをいただいていたことに気付きました。
コメントしてくださった皆様、すぐに返事をしないですみません!

無精者なので、記事にコメントいただいても数か月気付かない...ということが儘ありますので、お問い合わせの方、コンタクトを取られたい方は、orahoのメールアドレスまでご連絡ください。

oraho.aizu@gmail.com

よろしくお願いします!!!



週刊金曜日11月25日号。

| コメント(0)

111125_873.jpeg『週刊金曜日』の最新号(11/25、第873号)の「本箱」でorahoが取り上げられました。
こんな硬派な雑誌で紹介していただけるとは思ってもみなかったので、とてもうれしいです。
特集号は、ホットな話題のTPP。気になる。私もじっくり読みたいと思います。
ぜひぜひチェックしてみてください!



nuComfie vol.13。

| コメント(1)

415nJceI4rL__SL500_AA300_.jpeg11月26日(土)発売の季刊女性誌『nuComfie vol.13』のミニ特集にorahoヤマモトが登場しております。

神楽坂・jokogumo(よこぐも)の小池さん、鎌倉・木木の蒔田さんと、「東北の手仕事ものづくり」をテーマに鼎談しました。
お二人にお目にかかるのは初めてでしたが、すぐに意気投合して、おしゃべり三昧。
そのときの楽しい空気が伝わる内容になっているので、ぜひぜひご覧ください。

この特集には、oraho物産展に参加してくださった、轡田ろうそく工芸の轡田昌恵さん、いわき市在住の陶芸家・山野邊孝さん&ガラス作家の能登朝奈さんご夫妻、同じくいわきのomotoさんご夫妻、西山カゴ店さん、hare-yaの翠川祥子さんのほか、会津若松・木履庵の佐原加世子さんと、たくさんの福島県内の作家さんが紹介されています。
また、oraho山本がオススメする東北の品々もいろいろピックアップされています!
陶芸人さんのどんぐり付小枝えんぴつ、yammaの会津木綿ブラウス、小さな街 × 坂本修一さんのgiftboxなど。)

岩手の染型作家・小田中耕一さんによるオリジナルカレンダーももれなくついてくる『nuComfie vol.13』、ぜひお買い求めください~



<<前のページへ 1234567891011

記事一覧