新旧おいしいもの。

| コメント(4)
20100425_kototoi.jpg会津のおいしいお菓子を新旧それぞれご紹介します。

まず、新しいものから。
かわいらしい黄色い包みに入っているのは、創刊号でも取り上げているアトリエことといさんの「雪のたま」です。
ブール・ド・ネージュとしておなじみのお菓子ですが、そんじょそこらのものと一緒にされては困ります。ことといさんの「雪のたま」は、和三盆、発酵バター、モンゴルの塩と素材にこだわった一品。風味豊かで、とってもおいしい!!
味わっていただければ、そのよさはすぐに伝わるはずです。

20100424_aizuaoi.jpgそして、昔からのいいもの。
会津葵さんの「かすてあん」です。
かすてあんは2種類あって、店名と同じ「会津葵」と、「江戸葵」があります。これを今回のイベントでは特別に1個ずつ包装して販売しています。(この2種2個入りはこのイベントだけです!)「会津葵」はきめ細かいカステラに上品な餡が入ったもの、「江戸葵」は桃、りんご、レーズン、バナナの果肉入りパンプキン餡が入ったものです。

こちらもパッケージが素敵!それもそのはず、芹澤銈介の弟子、岡村吉右衛門の切り絵をあしらったものなんですよ。
会津葵さんでは、柳宗悦の民芸運動の思想に共鳴し、「機械化量産ではなく人間の心が宿っている手作りにこそ、美しいものは存在する」という思いでものづくりをされています。美味しいだけじゃなく、たたずまいに美しさが感じられるのは、その思いの現われなんですね、きっと。

この2つはお持ち帰りはもちろんのこと、会津のお菓子セットとしてカフェでも召し上がっていただけますので、どうぞお試しくださいませ。


コメント(4)

あぁ、食べたいっ…!
そんな衝動に駆られながら、画面を見つめています。
「会津葵」は以前いただいたことがありますが、「江戸葵」はまだなので、どんな味かなあっていろいろ想像が膨らみました。
orahoさんの呟きを目にする度、「会津に行きたい」って気持ちが日に日に強くなって困ってしまいますね(^-^;

江戸葵は、パンプキン餡に桃・バナナ・レーズンなどの果肉が入った「かすてあん」。不思議な魅力があります。会津葵さんのお菓子は、どれも美しくておいしいんですよね。干菓子や小法師もなかなかですよ。

こんにちは、初日の夜、同僚と伺わせていたものです
雪のたまを買って帰りましたが
「あ!」っという間に口の中で溶けてなくなってしまいました
まさに「雪のたま」…儚い…
でも、丁寧に作られた美味しさだからこそ
おいしい、と感じた時の幸せはずっと残りますね
甘酒も、本当においしかったです!

会津の魅力がどんどん発掘されていくのを
楽しみにしています

ご来場ありがとうございました!ことといさんの「雪のたま」も、目黒さんの甘酒も、作り手の真面目さが伝わってくる味がしますよね。これからも、どんどん会津のいいものを発掘して、皆さんにお届けしたいと思っています。引き続き、よろしくお願いします。

コメントする

blog新着記事

『うかたま』4月号に掲載されました。
うかたま.jpg
3月5日発売の『うかたま』最新号は「ニッポンの定食」が特集です。このなかの地域誌おすすめのご当地定食というコーナーに、orahoも登場しています。今回は喜多方市の食堂つきとおひさまの旬のおかず定食を紹…
日本と台湾をつなぐ 祈りの灯火2014。
今週末のイベント案内です。3.11.における台湾からの支援に感謝し、日台のつながりを大切に、平和への願いと祈りをわかちあおうというイベントが企画されています。このイベントは日本と台湾で同時開催され、会…
春うらら。
気がつけば、春。立春も雛祭りも終わって、明日はもう啓蟄ですか。。。ぼーっとしている間に、前回の投稿から半年も経ってしまいましたが、私も穴から顔を出さなくては。動き出そうという気持ちはあるけど目の前のこ…
ヤンマ受注会@会津!
ヤンマ.jpg
『oraho』創刊前からのお付き合いになります、ヤンマ産業さんが会津で受注会を開催します!今日から二日間、13日(金)、14日(土)と、喜多方の食堂つきとおひさまでで、会津木綿の商品などをご紹介いただ…
ご無沙汰しています。
みなさま、こんにちは。しばらくぶりのブログ更新です。まずは、ご報告。おかげさまで、1月の終わりに無事、女の子を出産しました。すくすく育って、娘はもう7カ月。一人でおすわりできるまでに成長しています。今…