リトルプレス。

| コメント(0)
少しずつ広まってきてはいますが、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれない「リトルプレス」。自費出版のちいさな冊子のことです。
書店やコンビニなどで手に入る普通の雑誌、いわゆる商業誌とは違います。
個人で作り、個人で売る。そんな手作りの雑誌のことなのです。

どこの書店でも手に入るというわけではありません。
大手の流通ルートは通さず、自主流通・個人販売となるため、販売先はリトルプレスによってさまざま。書店だけじゃなく、雑貨店や喫茶店などでも販売されています。
有名なところでは、大橋歩さんが発行されていた『Arne』や、セキユリヲさんの『季刊サルビア』などがありますね。

今、私が創刊準備を進めている『oraho』は、まさにこのリトルプレス。
なんとなくイメージはつかめていただけたでしょうか。

リトルプレスの紹介ついでに、『oraho』という雑誌のことをもう少しだけお話しておきたいと思います。

書店に並んでいる多くの雑誌には、広告が入っていますよね。
リトルプレスの中にも広告を入れているものがありますが、『oraho』では、広告を入れずにやっていこうと思っています。
広告が入る=スポンサーがいるということは、その意向に従わなくてはならないということ。つまり、時として、自分の信念を曲げなくてはならないということです。
どうしても、それはしたくないのです。

広告収入が入らない分、すべての制作費を自分で調達しなくてはいけないという大変さはありますが、『oraho』は自由でありたいと思います。
自分でたしかめ、自分の目で選んだものを、自信を持って読者の皆さんにご紹介したい。
だから、敢えてしんどい道を進んでみようと思っています。

できるだけ真っ直ぐで、雪のように真っ白でありたい。
青臭いかもしれませんが、『oraho』がめざすのは、そんな雑誌です。


コメントする

blog新着記事

『うかたま』4月号に掲載されました。
うかたま.jpg
3月5日発売の『うかたま』最新号は「ニッポンの定食」が特集です。このなかの地域誌おすすめのご当地定食というコーナーに、orahoも登場しています。今回は喜多方市の食堂つきとおひさまの旬のおかず定食を紹…
日本と台湾をつなぐ 祈りの灯火2014。
今週末のイベント案内です。3.11.における台湾からの支援に感謝し、日台のつながりを大切に、平和への願いと祈りをわかちあおうというイベントが企画されています。このイベントは日本と台湾で同時開催され、会…
春うらら。
気がつけば、春。立春も雛祭りも終わって、明日はもう啓蟄ですか。。。ぼーっとしている間に、前回の投稿から半年も経ってしまいましたが、私も穴から顔を出さなくては。動き出そうという気持ちはあるけど目の前のこ…
ヤンマ受注会@会津!
ヤンマ.jpg
『oraho』創刊前からのお付き合いになります、ヤンマ産業さんが会津で受注会を開催します!今日から二日間、13日(金)、14日(土)と、喜多方の食堂つきとおひさまでで、会津木綿の商品などをご紹介いただ…
ご無沙汰しています。
みなさま、こんにちは。しばらくぶりのブログ更新です。まずは、ご報告。おかげさまで、1月の終わりに無事、女の子を出産しました。すくすく育って、娘はもう7カ月。一人でおすわりできるまでに成長しています。今…